ブログ

面接練習Day

2021/12/21

こんにちは。

 

 

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

リワーク守口では、定期的に面接練習の場を設けております。

 

 

面接において、場数を踏んでいるということは非常に大切な要素です。

 

 

実践を模した面接練習をすることで、本番での対応力が身に付き、ぐっと受かりやすくなります。

 

 

リワーク守口の『面接練習』のプログラムでは、面接におけるポイントや注意事項を座学で学習した後に、人事経験のあるスタッフが面接官役を務めて面接練習を行っております。

 

 

 

 

 

 

★面接のポイント★

 

 

 

 

 

 

①結論から話す

 

 

「あなたの長所はなんですか?」→「はい。私の長所は〇〇で~~」

 

 

のように、最初に結論から話すようにしましょう。

 

 

結論を後回しにしてしまうと、話が長引いてしまった場合、

 

 

「結局この人何が言いたいのかな・・・」

 

 

と面接官に悪いイメージを持たれてしまいます。

 

 

結論から最初に話さなければいけない! という決まりがあるわけではないので、絶対に守らなければいけないわけではありませんが、結論を最初に持ってきた方が話をまとめやすいです。

 

 

トークスキルに自信があってどんな話でもまとめげることができる人以外は、結論を最初に持ってくるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

②会話のキャッチボールを意識する

 

 

志望動機等のよく聞かれる質問に対して予め答えを用意しておくのは大切です。

 

 

しかしそれを本番で機械的に答えるだけでは面接官に好印象を与えることができません。

 

 

面接官が質問する。→その内容に答える。

 

 

これの繰り返し「だけ」だと無機質な回答が続くことになってしまい、人間味がない人、アドリブ力がない人だと捉えられてしまう可能性があります。

 

 

面接官も人間ですので、一緒に働きたい人を採用します。

 

 

一緒に働きたい人というのは、スキルがあるというのももちろん見られますが、一緒にいて楽しそうな人というのももちろん評価基準です。

 

 

質問によどみなく答えるのも大切ですが、質問に答えるだけのロボットのようになってしまっては印象は良くありません。

 

 

質問に答えつつ、相手との会話を弾ませるくらいの意識で面接に臨みましょう。

 

 

 

 

 

 

③表情・視線を意識する

 

 

相手の目を見て会話をする。

 

 

背筋をきちんと伸ばす。

 

 

基本笑顔で。

 

 

当たり前のことですが、一番大切なことです。

 

 

自分ではできているつもりでも、緊張してしまうと意外と姿勢が崩れていたりします。

 

 

うまく姿勢を正すコツとしては、自身を第三者視点で見るようなイメージをしてみましょう。

 

 

他人から見た自分をイメージして、表情や姿勢を作るとうまくいきます。

 

 

★★★★★★

 

 

 

 

 

 

今回解説したポイントは、面接対策のほんの一部です。

 

 

リワーク守口では、面接に対する様々な対策を一からスタッフがお教えします。

 

 

リワーク守口で、一緒に就職を目指してみませんか。

 

 

興味が湧かれましたら、お問合せ下さい。

 

 

お待ちしております。

お電話でお問い合わせ

0120-15-4615 いこう しゅうろういこう

受付時間は、平日のAM10:00~PM16:00になります。

メールでお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、24時間受け付けております。
お返事までにお時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

お問い合わせ